ホーム
ブログ

デザインリフォームと普通のリフォームの違いとは?

今回は、デザインリフォームと通常のリフォームの違いについて解説します。「デザインリフォーム」と「リフォーム」は一緒のものとして捉えられることも多くありますが、厳密には別のものです。
今回の記事を通じてデザインリフォームとリフォームの違いについて理解するきっかけになりますと幸いです。途中、デザインリフォームの業者選びのポイントなどについても解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

リフォームとデザインリフォームについて

リフォームとデザインリフォームの違いを理解するためには、リフォームとデザインリフォームについて正しく理解する必要があります。以下でそれぞれ解説しますので、しっかりと理解するようにしてください。

リフォームとは

リフォームは、長年住んでいることで劣化した住居や、購入済みの中古住宅を住める状態まで復元するという、改修作業のことをいいます。リフォームの範囲については、壁紙の張り替えや外壁の塗装など気軽に行えるような改装工事をあわらしている場合もあれば、家の屋根の取り替えや設備全体の取り換えなど、多くの手間を要する工事を指していることもあり、線引きはあいまいなものとなっています。
リフォームの例としては、壁紙の張り替えや、雨漏りの修復や、キッチン・ユニットバスの交換、フローリングなどの張り替えなどが例として挙げられます。一軒家の住宅だけではなく、賃貸マンションやアパートなどでもリフォームが行われ、退去する際の修復などのものは原状回復とも呼ばれています。また、地震など災害が多い地域である日本においては、耐震を強化する工事などもリフォームの一環として多く行われています。

デザインリフォームとは

デザインリフォームとは、通常のリフォームとは異なりデザインにこだわったリフォームとなっています。デザインという言葉にはさまざまな意味を持っており、美しさや面白さを追求する芸術的活動をさしていることがあれば、日用品などの機能面や物の使いやすさを追求していく実用的な設計をさしていることもあります。一般的に「デザイン」という言葉を聞くと、前者のようにアート的なイメージを想像されることが多く、実際に建築のデザイナーや空間のデザイナーなどのようにアーティスト的な要素が強い一面もあります。しかし、住まいとしての家は見た目がよいだけでは不十分なため、住宅の機能面や使いやすさ、快適さや安全面なども求められます。そのため、住宅のデザインという言葉は前者よりも後者の「機能面や物の使いやすさを追求する」という意味に近いといえるでしょう。
デザインリフォームは「視覚的な美しさ、楽しさ」と、後者の「使い心地の良さ、快適さ」の2つの「デザイン性」を高めるために行うリフォームとなっており、専門のデザイナーが設計や計画を行うという特徴があります。

リフォームとデザインリフォームの違い


リフォームとデザインリフォームについて理解していただいたところで、リフォームとデザインリフォームの違いについて解説します。例えば、壁紙のリフォームを例とした場合、一般的なリフォームの場合は、壁紙が薄れた部分の現状回復や修復などといったようなものが主な目的となります。
しかし、デザインリフォームの視点から考えてみると、

・小さい子のアレルギーなどを考慮して自然由来でできた素材のの壁紙を使用する
・気温に関しての困りごとを解決する
・天井を高くすることで狭いはずだった空間も広く感じるような工夫を施す
・くつろぐための部屋を作るため、綺麗な光の中で生活できる証明の設計をする

などといったように、機能性や外観を重要視して住んでいる人の生活スタイルや建物を使う人の事を考えた上で、デザイン性を意識してリフォームをしていく事が通常のリフォームとの違いとなっています。
また、デザインという言葉がついているように通常のリフォーム代金とは別にデザイナーへ支払うデザイン料が発生することが一般的なのが、デザインリフォームとなっています。デザイン料は、依頼するデザイン会社や工務店によって異なるので、まずはデザインリフォームを行っている業者に見積もりを依頼することが大切です。
まとめると、「施工の目的が若干異なる」「別途でデザイン料がかかる」という2点が、リフォームとデザインリフォームの大きな違いとなっています。

リフォームとデザインリフォームのメリット・デメリット

ここからは、リフォームとデザインリフォームのメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。メリットとデメリットの両面を知っておくことは、価格交渉や担当者との相談の際などに役立ちますので以下を参考にしてみてください。

リフォームのメリット

始めに、リフォームのメリットについて解説していきます。リフォームという言葉が知られるようになってきましたが、意外と知らない側面もあると思います。以下を参照してみてください。

家の現状を残すことができる

長年住み慣れていて愛着がある家を、できるかぎりそのままの形で改装したいという場合は、リフォームがおすすめです。建て替えやリノベーションを行ってしまうと、場合によっては建物の雰囲気に大幅な変化が生じてしまう可能性があるため、部分的な改善で良ければ、リフォームを選択するというのも1つの選択肢として挙げられます。

短期間での施工が可能

リフォームでは施工の対象範囲が限定されているため、工事の段取りにスピード感がある点がメリットとして挙げられます。早い施工であれば当日中、長くても数日の間には施工が完了するというケースが大半となっているため、急ぎでの対応を依頼したいという方には、非常に便利なものとなっています。リフォームが短時間で終わる場合、施工期間中に別の場所に住まいを用意する必要がないため、手間を掛けず、スピーディに施工が進むという点も特徴です。

費用を抑えられる

建物全体の空間に影響を及ぼすものであるリノベーションなどの大がかりな改修に比べると、施工範囲が限定されているため、リノベーションなどに比べると比較的低予算で行える点がリフォームの魅力となっています。
例えば、「壁紙の貼り替え」を依頼する場合、一般的には1平方メートルあたりでの見積もりで出されるケースが多く、少ない予算から検討することができます。一方、リノベーションの場合は、数百万円〜数千万円程度の予算を持って見積もりを出すリノベーションと比べると、費用をかけずに行うことができる点もメリットとして考えることができるでしょう。

リフォームのデメリット

ここからは、リフォームを行う際に生じるデメリットについてご紹介します。メリットとデメリットの両面を知ることが重要ですので、以下を参考にしてください。

大幅な変更はできない

リフォームは、あくまで範囲を限定して行う施工であるため、間取りを変えるなどといった大きな変化を必要とするような作業には対応することが難しくなってきます。あくまでリフォームの目的は、「新築に近しい状態に回復させる」であるため、完成時の形からの大きな変更には対応できない場合が一般的です。そのような事例を無理矢理リフォームで進めてしまうと、大きな変化は感じられないのに、費用だけが高くなってしまうといった事態を招いてしまう可能性があります。
根本的な改修を望んでいる場合、大規模な施工が可能となっているリノベーションや建て替えなどの手段を選択することをおすすめします。リフォームは、狭い範囲の改装手段として考えておくのが良いと思います。

自由なデザインには変更できない

繰り返しになりますが、リフォームはあくまで「原状回復」が目的となっているため、デザイン性に特化した対応を求めることは難しい場合が多いです。業者が用意したデザインやパッケージ枠組みの中などから選択するケースが多くあるため、自分の理想とするこだわりのデザインや、オーダーメイドの要望を実現することは難しいでしょう。デザイン性が高く、オリジナルな空間を希望するという場合には、リノベーションやデザインリフォームを選択することが望ましいと言えます。

建物の骨格までは変更できない

リフォーム工事においては、部屋の内装や、屋根などの外装部の対応がメインとなっているため、建物の骨組みの部分にまで手を加えることは難しいといったことがデメリットとなります。
建物の大幅な改修、耐震面の強化など、根幹に関わるような工事を望むという場合には、リフォーム以外の選択をすることが望ましいでしょう。また、一部の業者においては、リフォームの名目で先述した施工を行っているというケースも見られますので、依頼したい形に応じて見積もり依頼をするもの良いかもしれません。

デザインリフォームのメリット

ここからは、デザインリフォームのメリットについて解説します。こちらもリフォーム同様、メリットとデメリットの両面を理解しておくことが大切ですので、以下を参考にしてください。

柔軟な対応が可能

デザインリフォームに対応している業者は多くあり、業者を利用することによって様々なメリットを得ることが可能となっています。業者によっては、3Dデザインなどを用いてリアルに完成したイメージを想像することができたり、多数のモデルハウスや人気のモデルを手掛けた経験もあるデザイナーが設計に対応してくれるという場合もあります。
デザインリフォームの場合、一般の住宅デザインよりもおしゃれに仕上げられ、実用性も考慮されているので大変便利なものです。照明などに関しては、間接照明などを使用しておしゃれな雰囲気を演出することも可能です。また、しっかりしている業者は納期厳守はもちろん、比較的厳しい納期の対応などにも慣れていたりするなど、様々なアレンジに対して臨機応変に対応してくれることも多くあります。
デザインを引渡しした後でも、クライアント満足度について考えてくれるところもあり、アフターフォローの体制も万全となっている業者などもあります。デザインリフォームに関しては、自分の予算によって様々なデザインを提案してくれるため、自分に合った資金でデザインリフォームを行うことができます。

大幅な作業でも対応できる場合がある

内装や外装などといった表面的で簡単な改修についてはデザインリフォームで対応することが可能です。しかしリフォームの場合、家の基礎構造だったり内部構造を強くするような工事を行ってしまうと、建て替えと比べ大きな変化がなく、費用のみが高くなってしまうことがあります。
上記のような場合には、デザインリフォームを行っている会社に相談をすることで適切なリフォームプランを提供してくれることがあります。実際に相談することで、イラストやグラフィックなどを用いて説明を受けることができますので、サンプル品などを見ながら実際の寸法に基づいて完成イメージを固めることができます。

デザインリフォームのデメリット

ここからは、デザインリフォームのデメリットについて解説します。デザインリフォームを行うことで多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。両面を理解し、デザインリフォームについての知識を深めましょう。

予算をオーバーする場合がある

先述したように、デザインリフォームは通常のリフォームよりもデザイナーのデザイン料が発生する場合があるため、リフォームだけで費用を比較すると値段が高くなってしまう場合があります。また、デザイナーのこだわりの分だけ、事前打合せやリフォームの工数が多くなるといったデメリットがあります。

必ずしも希望の施工ができない

マンションなどは住人がリフォーム出来る範囲が室内に限られていたりする場合があり、間取りを変更してはいけないという契約などがあるため、希望するデザインができない場合があります。まずは、オーナーや業者に相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、リフォームとデザインリフォームの違いについて解説しました。それぞれのメリット・デメリットについて理解し、ご自分にあった方法を選択するようにしましょう。また、リフォームを行う際には、今回の記事を参考にしてみてください。