ホーム

施工事例

Case05
『古民家』をテーマにした和モダン注文住宅

古き良き和の骨董品がお好みのお施主さま。
オープン階段の下に置かれた階段箪笥も、元々ご所有されていたもの。
今回のテーマは『古民家。』
古い道具もインテリアとして引き立たせながらも新しさを感じられるコーディネートを、ご夫婦と一緒に楽しく創り上げました。

造り込まれた日本庭園。
使われている石や樹木などのほとんどが施主さまご実家より受け継いだもの。
リビングや寝室からの眺めは雨の日も美しく、梅雨すら楽しむ心のゆとりが生まれる。

畳コーナーは、凛とした和のイメージ。
東面ではあるが建物の立地条件により、あえてほとんど開口部を設けていない。
また、天井と襖の濃色とのコントラストで、真っ白な壁が美しく感じられる。

キッチン上部には、無垢のアイアンとタモ材で造られたグラス・ボルトラックが取り付けられている。
シャープなラインで設計されたラックは程よい重みを与えながら、キッチンスペースをゆるやかに区切る。(弊社オリジナル商品)

シンプルな直線的レイアウトにより壁付けされたテレビ1台で、皆が楽しめる。
地元多治見タイルメーカーのモザイクタイルを採用し、遊び心を持ったキッチンに仕上げた。

玄関にはシューズクロークを兼ねたダブルアクセス式。
匠の丁寧な仕事によって造られた格子戸が、いつも片付いた玄関で繊細な顔をして家人の帰りを待つ。
階段手すり同様の平板手すり。(弊社オリジナル商品)

2階にも楽しめる場所が。
たった2帖(1坪)のスペースが畳ライブラリーに。
玄関吹き抜けとつながる静かな場所で、壁にもたれてゆっくり読書。

骨董家具の階段箪笥。
永い時を経た物だけが待つ、やさしく心に語り掛けてくるような佇まいが、空間にやすらぎを与えている。

玄関スロープは洗い出しと王竜が外から和の空間へ期待を持たせながら誘う。

玄関吹き抜けには黒い古材の丸太梁から黒の大型ペンダントが下がる。

照明器具は直接の灯りだけでなく、シェードにより壁に映し出される模様が楽しめるものもある。

玄関スロープ格子とストレート瓦がシンプルで美しい。
日が落ちると吹き抜け窓より見える古材丸太梁がいっそう存在感を増す。

シャープな空間に丸障子がひとつ。やわらなか印象をプラス。